読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Y子さんの日記

メンタル日記 ボーダーラインの症状、統合失調症など

自己嫌悪について

実は今あまり良い気分ではないのですが、記事を書いています。

私の自己嫌悪は小学校三年生くらいから始まったと思います。「あ、ばかだな」と心の中で思うんです。いつのまにか高校くらいになると、心の中でいつも「死にたい」と言うようになりました。

でも、実は、「死にたい」「・・・というのはうそ」と後半でポジティブにもっていくようにしていたんです。

今その「というのはうそ」が言えていません。いつのまにか、ただ「死にたい」だけになってしまいました。

自己嫌悪をするので、死にたくなるという一つのパターンです。(でもこれは本気で死のうとするほどの原因にはなりません)

自己嫌悪の原因は、かっこ悪く見えること、自分がうそを言っていたり演技をして相手をだましていること、自分の自信のなさが相手に見抜かれたこと、色々あります。

 

今私は自己嫌悪を感じています。なぜなら、私は計算高く、演技をしている自分がいやになったからです。

同時に、本当の私を誰も見てくれない、誰も支えてくれない、支えてくれた友達(A)は私に「離れたほうが自分たちのためだと思う」と言って、私から去った。連絡をしても返事しなくなった。

これが大きなダメージを私に与えています。

私は苦しみすぎていると思います。私の苦しみ方を彼が知ったら、大変悲しむだろうと思います。

でも私の苦しみはさきほど耐えがたく、床にうずくまってしばらく立つことができませんでした。私は薬を一錠飲みました。

 

この「頓服薬を飲む」という行動も私を自己嫌悪させるものです。そんな弱い人間、隠れて薬を飲んでいる人間ということに恥意識を感じるのです。

 

人からはどちらかというと、かっこいいと思われているのではないか、美しい、魅力的、と思われているのではないかと思うんですが、きっと私の弱さや自信のなさ、滑稽さ、馬鹿さ、未熟さ、幼さ、色々と見抜いている人間はいるはずです。

 

私はメンタルの弱い自分を非常に恥だと思っています。

 

繊細で、打たれ弱く、(実は統合失調症のときこれはありませんでした。人から罵声や脅しの言葉を言われても、何も怖くないし、平気でしたし、まったく傷つきませんでした。私は自分が図太い神経の持ち主だと思っていましたが、今思うと、そうではなかったのかもしれません。病気のせいでそうなってただけだったのかもしれません。
今は、人の痛みや人の怒りや憎しみなどがわかるようになりました。その感情が戻ったのは幸福ですが、それはそれで非常な苦しみを伴います。)強くない、もし軍隊などに入ったら、すぐへなへなになる、もやしのような男だと(私は女ですが)想像しています。

 

さて、このような場合どうしたらいいか・・・・単語帳を見てみるべきですが、今単語帳を開く気持ちにもならないので、書いています。

 

おそらく、自分が完璧な人間であるべきという考えを捨てること、自分の至らなさを受け入れることが必要だと思っています。

私は完璧を愛しています。

完璧なものは美しいと思っています。

私は音楽演奏をしますが、音楽演奏をいつまでもしたいと思う理由は、完璧が大きな目的地だからです。

そこに到達するために、努力をすることが好きなのです。私は、自分の中に成功のイメージをもっています。

ステージで素晴らしい演奏を披露し、客を感動させ、客が生きる希望を見出すような、喜びを得るような、そういう演奏をする自分をすでにイメージしています。

そしてそのために私は頑張るのです。

今少し気分がよくなり始めています。書く事によって気分がよくなり始めています。

 

幸いだと思います。

 

高校時代も受験勉強をしながら、いつも日記(と言うか自分の思考をノートに書き続ける、自分の一日の行動日記ではありません)に時には三時間ほど、何十ページも書き続けたのです。

 

当時、リストカットを時々(怒りを抑えるため)していたので色々と考えていたのです。

私は思考することが好きでした。正しいものについて考えること、自分の悩みの解決法を考えること、世の中の問題を解決する事について、考えていました。

 

民族対立や紛争、自爆テロなどの話題がすでにあり、私はその人たちと交渉によって平和解決するには、どのような言葉が有効なのかを考えていました。

 

 

 

金曜日の診察まで、うまく生きる自信がさきほどありませんでした。

今日は火曜日、まだ、水曜日と木曜日があります。

この二日間をまずハッピーに乗り切ることが当面の課題です。

 

実は、職場の人に言われました。「自分に対する要求がとても高いのはいいことだが、完璧にできないのは当然なので・・」私はすでに見抜かれていました。

 

私はとりあえず、一人で部屋にいると、誰も見ていないので、泣いてしまうし、気分が沈黙してただ黙ってボーっとしてしまうし、お菓子を食べて気持ち悪くなるか、私にはよくないお酒をのんで、何か良くないことを友達や趣味の仲間や昔の同級生などが含まれるSNSに衝動的に書いてしまう危険があるので、外で仕事の準備をしました。

 

外でも、椅子と机に座り、机にふせて、起き上がらなかったり(30分ほど)しましたが、自分を周囲にいる環境をすると、自動的に、いやでも仕事にとりかかることができます。

 

人目があるので、声をだして泣きません。

(ですが、二週間前、すべてが終わりに思えて、人から愛されない、誰も愛してくれない、誰も気にかけてくれない、一人で解決しなければならない、誰にも本当の私を見せられない、本当の私を見せたら彼は離れようとした、と思うと、涙が出てきて泣いてしまいました。

 曇りで少し寒い天気だったので余計にそうなったんです。持ち帰りの鶏肉のからあげを待っているときでした。

 鶏肉のから揚げも何か寂しいものを感じさせましたし、待ち時間がとても長いので、辛い気分でした)

 

幸い、今日は30分から40分かなり集中的に仕事に取り組めました。

でも完ぺき主義で、細部にわたって考えるために、進みは遅く、

「効率の悪いダメな人間」と思いました。

 

でも、一応、辛い失恋の気分の中で、30分でも人のいる環境に無理やり自分をもっていき、泣かずに仕事に取り組むことができた自分をほめます。

そうして自分への肯定的な感情を小さなものでも、毎日積み重ねていきたいと思います。

 

自分の行動は不自然で、演技じみていて、いやだと思いますが、人から嫌われているのではないかと思ったり、今日は仕事でちょっと不安を感じさせる(同僚から憎まれないかという心配です)出来事がありましたが、今のところ、職場では何も失敗していない。

 

(体調不良といって三日ほど出勤できなかったことがありますが、その原因は大量服薬でした。体調不良と言うだけで、職場は深く聞いてきませんでした。ただ休んでください、といたわってもらったので、とても今の職場には感謝しています。それに数ヶ月前に統合失調症(そもそも軽度の陰性症状です)が消えたので、仕事の出来が格段によくなり、評価があがりました)

 

しかしパーソナリティ障害のもともとの特徴が再発しだしたので、不安定ではありますが、職場には何も気がつかれていないようです。

 

今日、お疲れ様でした。

 

読んでくださっている方へ。お付き合いいただきありがとうございます。

 

明日も素敵になりますように。

ゆっくりとお休みください。