読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Y子さんの日記

メンタル日記 ボーダーラインの症状、統合失調症など

前になかなか進まないですが

なかなか仕事が進みません。図書館の自習室に行って取り組みました。30分か40分は集中でき、そのあと、とてもストレスがたまること、そして嫌な記憶を思い出して自己嫌悪して苦しくなるのを抑えつつ、少しだけやりました。

 

私は今まで自分を甘やかしてきました。

 

でも失敗者とは、自分の能力を最大限生かさずに才能を埋もれさせて世間にも発掘されず人類に貢献できなかった魂を持った死者のことを指すと思っています(私の個人的な考えです。)

 

自分のできることをして、無駄な時間(特に依存症や、ネガティブ感情に支配されて苦悩する時間、怒りや悲しみ、寂しさの時間)をできるだけ排除したほうがいいと思います。そのためには色々、人それぞれ方法があるはずです。

 

私たちは、幼いころから色々な能力やスキルを身につけてきました。

他人への共感性、物事を完成させようとする希望、他人の期待に応えたいという思い、色々と私たちは才能があり、モチベーションがあるのです。

 

それに焦点をあてて、希望をもちましょうか。

 

私たちは存在するだけで喜んでもらえるときもあるのです。

 

対人関係で困ることがありますが、私たちが一人でも平気になること、や相手への期待値を下げること、自分でできるという自信をもつようになるまで、時間がかかるとは思います。

でもゆっくり目指しましょう。

失敗しても絶対にあきらめないで、辛い苦悩の時はその時一時だけで、いずれ消え去るかもしれません。自傷行為をイメージしたらとにかく、30分待ってみましょう。

キャンドルの炎を見たり、静かな湖水を思い描いてみてください。

花の香りをアロマオイルでかいだり、セルフ足裏マッサージ、化粧、スタイリング、爪の手入れ、(前回の記事のなかの著作からの内容です)色々です。

絵を描いたり、楽器を弾いたり。

コメディーを見たり。

何かとにかくやってみましょうか。イメージはできるだけイメージしないように、別のイメージに切り替えましょう。

30分後きっとほかの事に意識が向いて、ポジティブになってるのではありませんか。

 

私も仕事が終わるたびに自己批判がわいてきて、『あそこがダメだった、あれはムダだった、時間管理が悪かった、余計なことをしていた、」などダメだしを自分で自分に辛らつにしているのです。仕事中もしています。「あ、今のダメ」「なんてわざとらしい態度だ」「自分の話している内容がレベルの低い次元の話だ」

でも

自己批判→うつ状態 では無益です。時間の無駄、エネルギーの無駄、不幸感情の発生です。(でもどうしてもそこから抜け切れないなら、苦しみの意味を考えてみたらいいと思います。この苦悩は私に何かを学ぶチャンスを与えてくれていると、感謝してみましょうか。とても深遠なものに気がつき、文章にして人に見せたら、素晴らしい作品だといわれるのではないでしょうか)

 

そうではなく

自己批判→改善点の模索、解決法の創出

 

そのようにしてみたら、きっと次、うまくいくかもしれません。それにそのような改善の方法や解決法を考えることを私たちは楽しんでできるのではないかと思います。

 

宜しければご参考までに。今日もお付き合いいただきありがとうございます。