読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Y子さんの日記

メンタル日記 ボーダーラインの症状、統合失調症など

昔のこと

友達のA(私と関係のある男ですが、ただの友達で、彼女がいます。私に本気の気持ちは全くありません。)から2,3日音沙汰がないので、寂しく思っています。

でも以前は24時間以内に返事がないだけでとても落ち込むことがあり、「私についに愛想をつかした」「私のことがどうでもよくなった」と思って、焦り、メールボックスを開けないまでになりました。

なので私は別のメールアカウントを作って、彼とその他の人とやりとりするメアドを変えました。

昨日の朝はとても落ち込みました。いつも涙を我慢しているような感じです。

母親からの言葉を(私を傷つける、ちょっとした一言)思い出して、とても暗い気持ちになりました。そして、母がそう言う理由は私の病気にも関係があり、症状にも関係があると思うと、どうして私がこの病気に・・・と思いつめて、そして彼(A)から返事がない・・と思うと世界に取り残された気がして、トイレの便座に座りながら、泣きました。

とても苦しい気持ちでした。

今朝はそこまでではありません。

ただ毎日朝起きて、誰かに「おはよう」といえたらいいのに・・と思います。

 

いつも天井を見上げて「私はどうしてここにいるの」「どうして毎日この仕事のことを考えているの」「どうしてあのAと関係をもったのか」「常軌を逸している」「おかしい」「ここにいていいのか」「このアパートの部屋は私の部屋なのか」「恋人が一生できないのでは」「一生孤独なら今死にたい」「老けたくない」

と感じるのです。

でも起き上がって顔を洗うと、そのような気持ちはどこかへ行きます。

 

昨日の朝はくらい気持ちだったので、仕事をする気力がないまま仕事に出ました。昨日のは気楽なほうなので、大丈夫でした。

 

昨日、一昨日は辛かったです。常に自己嫌悪して、イライラして、自分を嫌に思っていました。

 

昨日、良くない発言をしたと思いました。

子どものころ、その人は体罰を加えられた話をしました。何かよくないことをすると、正座させられたとか言ってたのですが、私は自分の場合は、予測不可能に母の気分が悪い時によくたたかれたと言うと、悲しそうな顔をしたんです。

その人に対して、悲しい気持ちにさせたのを思うと、この発言はまずかったと思いました。

私は別にその時同情を求めてはいなかったので・・・。

母は、機嫌のいいときは、やさしく面白い人で、機嫌が悪いと、今のことに加えて、一週間前の失敗、一ヶ月前の失敗、三ヶ月前の失敗について「あのときもこうだった」「あのときもこうだった」と責め立てる人でした。なので私は絶対に失敗をしたくないと思っていました。失敗を一度すると、一度だけ怒られるのではなく、何度も何度も未来に怒られるからです。

機嫌が悪いと、母はいらついて私をすぐたたく人で、私はびくびくしてたんです。母が機嫌が悪いと距離をとりました。

今でも機嫌が悪くなると、ヒステリックに叫ぶ人で、私はこの間実家で、びくっとした恐怖を感じました。「うるさい!」「だまってて!」と。

とても怖くて、何もいえなくなりました。

 

あと彼女は私の非意図的なことにも文句を言って私を常に責めていました。髪の毛が一本床に落ちていると私を責めました。私は髪の毛が落ちるのを防止することができないので、「不条理」「解決法がない」と思っていても、ただ我慢して黙っていました。

「また落ちてる」

「また落ちてる」

でも長い髪の毛を強要していたのは母です。楽器を弾いた時によりキレイに見えるから、という理由で私は長年長い髪の毛を強要されていました。私は時々短くしたい、ボーイッシュにしたいと思うこともありました。でもダメと言われたんです。

中学生で初めてショートカットにすると、周りに似合うといわれ、今もロングヘアはほとんどしません。

大人になると、母も私には髪の毛が短い方が似合うと思ったようで、何もいわなくなりました。